白河越えならず

100周年記念の甲子園、優勝候補同士の対決は神奈川の東海大相模が宮城、仙台育英を倒して45年ぶりの優勝をしました!

またもや、東北勢の悲願は達成できませんでした。

大昔、あれは小学生のころでしょうか、大会No.1ピッチャーの大越(ダイエー)投手を擁して優勝候補の元木(巨人)、種田(中日)擁する上宮(大阪)を破り決勝まで勝ち上がってきた仙台育英

決勝は甲子園に入ってから調子を上げてきた好投手吉岡(巨人)の帝京(東京)と対戦

白熱の投手戦

優勝旗まであと一歩まで迫りましたが、惜しくも延長で涙をのみ白河越えならず

あれからダルビッシュの東北(宮城)や光星学院(青森)があと一歩まできましたが達成できず、四半世紀かけて再び仙台育英にチャンスが巡ってきましたが、無念ですね、、。


これで夏終了、どのチームも来年の選抜の選考大会になる秋季大会にむけて新チーム始動ですね。

来年はどの高校が強いのか楽しみです。